Failure

勝ち組・負け組の投資家の違いと理由

ワールドチャート

投資において勝ち組と負け組との違いを分ける要因は様々ですが、一つ言えることはスタンスをはっきりさせておかないと負け組になりやすいことです。
例えば、短期売買を基本として取引するのか、それとも長期投資を前提として保有し続けるのかで、取引のスタンスは異なります。
どちらで取引をするのかを考えることは大事なことだと言えるでしょう。

長期保有しようと決めたのなら、短期的な要因に左右されるべきではありません。
上場廃止などの重要な部分については常にチェックしておかなければなりませんが、例えば一時的な業績の悪化による株価の下落であたふたするべきではないでしょう。
しかし、短期売買の時にはこれは異なります。

短期売買で高い利益を得ようと思えば、レバレッジをかけてリスクの高い取引を行う方が効率的だと判断するケースは多いでしょう。
レバレッジをかければ期待できる利益は大きくなりますが、損失も大きくなるという点に注意が必要です。
損失を拡大させないためには、価格が下落するとすぐに売却するというスタンスをとることは大事です。

このように、投資のスタンスを明確にしておくことは、勝ち組になるために最も大事なことの一つだと考えられます。
これは株式についてだけではなくて、ほかの投資対象についても言えることです。
長期的に考えた場合にはポートフォリオを組むことになるでしょうが、そのポートフォリオを崩さずに取引していくことは大事なことですし、短期的な売買をするときには損切りを徹底することは大事です。
短期売買でポートフォリオを組むと、逆にパフォーマンスが低下してしまうこともありますし、長期で考えているのに損切りばかりしていると資産形成が難しくなりますから、スタンスを決めておくことは大事です。