Failure

NTT株の1年間の株価推移と上昇率などの投資情報

チャートと数字

通信事業を手掛ける日本の大手企業に、日本電信電話株式会社があります。
「NTT」として日本全国に広く知られる有名企業です。
同社はグループ内にその子会社をいくつも抱えている持株会社であり、大きな社会的影響力を持つ企業です。
また、NTTはその株式を東証1部に上場しており、一般の個人投資家にも人気の高い銘柄となっています。
NTT株では、2015年6月に1:2の株式分割が実施されました。
それまではNTT株に投資するために90万円前後の資金が必要でしたが、それが半分で良いことになったため、個人投資家への人気はさらに高まりました。
これは同時に、NTTの好調な株価推移を後押しする一因ともなりました。

ではここで、NTT株の過去1年の値動きやその騰落率(上昇率もしくは下落率)を簡単に振り返ってみましょう。
2015年1月5日、この年最初の取引きにおいて、NTT株は6,154円という始値でスタートしました。
また、その日の場中に付けた安値6,022円は、2015年1年間における年初来安値です。
これはすなわち、今後1年のNTTの株価はこれよりも下落することなく、上昇し続けたことを意味します。
なお、前述の数値は株式分割前のものであるため、分割後の株価に合わせた調整値はそれぞれ、3,077円および3,011円となります。
この後、株価は順調に上昇し、8月6日には年初来高値となる5,066円を付けます。
これは年初の株価と比較して、65%以上もの上昇率です。
その後も株価は高い水準を年末まで維持します。
2015年最後の取引となった12月30日の終値は4,836円でした。
年初からの上昇率としては、依然として60%ほどを維持していることになります。